フラワーエッセンスカウンセリング(バッチ・レメディ、フィンドホーン)|パニック・うつ・摂食障害・ストレス等の方にも 東京江戸川区/葛飾区/総武線新小岩駅

フラワーエッセンス Alma Mater(アルマ・マーテル)江戸川区・葛飾区

 

 

フラワーエッセンス 東京江戸川区・葛飾区

スマホ対応 新ホームページへバッチ・フラワーエッセンス木箱

 

フラワーエッセンスは、お花の力を借りてを癒す
自然療法
です。

フラワーエッセンスは、野生の花の持つエネルギー(波動、気、生命力)を純粋な水に転写した液体で、主に飲むことを通して人間のエネルギーフィールド(オーラ)やチャクラに取り入れられます。

フラワーエッセンスが持つ整った周波数は、人間本来の魂の周波数と同調し、エネルギーフィールドの歪んだ周波数を整え、心身の不調和を、バランスの取れた状態へと導いてくれます。

そして花が開花するように、あなたの中で眠っていたあなた自身〜魂〜が花開くでしょう。

フラワーエッセンスには副作用はなく、あらゆる治療やセラピー、ヒーリングと併用可能です。
乳幼児、ペット、植物、場所の浄化にも使えます。

フラワーエッセンスの起源は古く、ひとつには16世紀の医師パラケルススが花の朝露を使って患者を治療したという記述がありますが、現在一般に普及されているような形でのエッセンスを確立したのは英国の医師エドワード・バッチ博士(1866〜1936年)です。そして現代では世界中で様々なフラワーエッセンスが開発され普及されています。

日本でも最近は東急ハンズや多くのアロマ&ハーブ・ショップ、ネット通販などでフラワーエッセンスを購入できるようになり、急速に一般化しつつあります。

現在、当サロンで使用しているのはバッチ博士によって開発されたバッチ・フラワーエッセンスと、スコットランドのスピリチュアルな共同体フィンドホーンで生まれたフィンドホーン・フラワーエッセンスです。

フラワーエッセンスの詳しい説明はこちらでどうぞ
Filiのページ

▲このページの先頭へ

 

心を癒す自然療法

こんな方に

服用の仕方

ボトル容器の再利用

バッチ・フラワーレメディー

エドワード・バッチ博士

フィンドホーン・フラワーエッセンス

フラワーエッセンス・カウンセリング

料金

ご注意

参考文献

こんな方に 

心の悩みをなんとかしたい、いつも不安を感じている
さびしい、むなしい、イライラ
気分のアップダウンが激しい
人を愛せない・愛を受け取れない
感情をコントロールできない、 感情表現が苦手
体の不調がありそれが心の問題から来ていると思う
(うつ病、パニック障害、自律神経失調、不眠・・・)

本当の自分を知りたい、人生の目的を知りたい
充実した生き方がしたい、自己成長したい
もっと幸せになりたい・・・, etc., etc.

▲このページの先頭へ

服用の仕方

バッチ・レメディは基本的には1回4滴を舌下に垂らすかコップの水やお茶などに垂らして1日4回服用します。
フィンドホーン・フラワーエッセンス1回7滴を同様に1日3回服用します。

以上はあくまでも基本です。自分が飲みたいと思ったときに自由に飲んで構いません。

緊急時には数分おきに症状が治まるまで服用します。

 

▲このページの先頭へ

ボトル容器の再利用

空になった服用ボトルは、前回の調合エッセンスの波動を消すために20分間煮沸することで再利用ができます。フラワーエッセンスを継続的に使いたい場合は経済性と資源節約の意味から、再利用をお奨めします。
セッションの際に空ボトルをご持参くださった場合は150円引きとさせていただきます。

バッチ・フラワーレメディ

バッチ・フラワーレメディは世界で最初に作られたフラワーエッセンスです。

38種類のお花から作られたエッセンスと、特別に5種類の花のエッセンスをブレンドした緊急時用エッセンスから成っています。緊急時用エッセンスはブランドによって"レスキューレメディ"や"ファイブフラワー"などの呼び方があります。

 

▲このページの先頭へ

エドワード・バッチ博士

バッチ博士は、1866年英国バーミンガム近郊の村に生まれ、ロンドンで医師としての教育を受け、数年に渡り臨床に携わるとともに慢性的な病気における細菌学の役割について研究を行ううちに、患者が訴える肉体的な症状に関わりなく、様々な性格のタイプが病気のパターンに関係していることに気づくようになりました。

その後ホメオパシー(同種療法)の「体に現れた様々な病気の症状は心の状態を反映した鏡のようなものであり、病気の症状だけを治療するのではなく、患者の気質や性格や行動パターンなども考慮した上で心と体を含めた人間全体を治療すべき」であるという考えに出会い、ホメオパシー医に転身します。

しかし治療と研究を続けるうちに、ホメオパシーも自分が考える治療をするためには不充分ではないかと感じるようになり、心と体を含めた「人間全体」の治療を行うために、人間本来の自然な健康状態を回復し病気を本当に癒してくれるエネルギーは身近な野山の植物の力から見つけられるのではないかと確信を持つようになり、38種類のフワラーエッセンスを開発することとなったのです。

バッチ博士の"Heal Thyself"(汝自身を癒せ)という著書は今でもフラワーエッセンスのバイブルです。そして、"Heal Thyself"とその他のバッチ博士の短文を日本語に訳した書籍「フラワーレメディーズウィズダム」が出版されました。バッチ博士の哲学を知りたい方には一読をオススメします。

「フラワーレメディーズウィズダム」の中で私が特に感銘を受けたバッチ博士の哲学の抜粋をこちらに掲載しました。 ご興味のある方はご一読下さいませ。

▲このページの先頭へ

 


バッチ博士の著作原書


「フラワーレメディーズ・ウィズダム」

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

フィンドホーン・フラワーエッセンス

フィンドホーン・フラワーエッセンスフィンドホーン・フラワーエッセンスは、スコットランドにあるスピリチュアルな共同体「フィンドホーン・コミュニティー」に住むマリオン・リーという繊細かつパワフルな女性によって開発されました。
世界でも有数のスピリチュアリティー溢れる地の精妙なエネルギーと、共同体の創始者アイリーン・キャディに象徴される深い母性が特徴的な、大変女性的なエッセンスであると思います。

2008年1月時点で46種類の花から作られたエッセンスと、5大元素から作られたエッセンス、そして様々なコンビネーション・エッセンスがあります。

マリオン・リーと共に

右の写真は2006年、フィンドホーンのマリオンのお宅を訪れた際に一緒に記念撮影させて頂いたものです。

フィンドホーン・フワラーエッセンス公式HP(英語)
フィンドホーン財団公式HP(英語)(日本語のページもあります)

▲このページの先頭へ

フラワーエッセンス・カウンセリング

フラワーエッセンスは必要に応じてご自分で選んで服用することができますが、より深くご自分の内面を見つめ、ご自分に合ったエッセンスを選びたい場合、専門家のカウンセリング(個人セッション)をお受けになることをお奨めします

カウンセリングでは、まずじっくりとお話をお伺いし、現在のあなたが取り組みたい内面的課題(テーマ)について明らかにしていきます。

今回取り組みたい課題・テーマが明らかになったところで、そのテーマをはっきりと意図しながらエッセンスを選んでいきます。

選ばれたお花の写真を眺めるうちに新たな気づきや起こったり、ある特定の感情や記憶などが出てくるかもしれません。

出てきたものが何であれ、それを最も大切にし、それらを丁寧に見ていきましょう。

カウンセリングだけでも十分心のサポートになるはずです。

そして、お選びしたエッセンスを調合してあなただけのオリジナル・ブレンド・ボトル(服用ボトル)をお作りします。

服用ボトルは1本無料でお持ち帰りいただくことができます。
だいたい2〜3週間で使い切る量です。

その後同じブレンド・ボトルを再度服用したい場合、2000円(送料別途250円)にて作成・送付させていただきます。

フラワーエッセンスは自己の内面を見つめ、自分自身に気づいていくための触媒です。魔法の妙薬ではないことをご承知おきください。

全ての人は自分自身の中に完全なる叡智を持っており、いかにご自分の中に眠る叡智に触れるかが重要です。

当サロンでのフラワーエッセンス・セッションでは、カウンセリングの時間を最も大切にし、カール・ロジャースの言う「クライアント中心主義」に 基づいて お話をお伺いします。セラピストからアドヴァイスのようなことは 一切行いません。

セラピストはただ、クライアントと「今ここ」を共有し、クライアントの鏡となり、 器となるよう努めます。

私と、今ここで、"の中の冒険"をしてみたい方は、ぜひフラワーエッセンス・ カウンセリングを受けてみて"ください。

<料金>

フラワーエッセンス・カウンセリング60分 8000円
(調合ボトル1本付き)

調合ボトルの追加 1本 2000円
(ボトルご持参の場合150円引き)

ご予約はこちらから

 

 

▲このページの先頭へ

ご注意


 

心を癒す自然療法

こんな方に

服用の仕方

ボトル容器の再利用

バッチ・フラワーレメディー

エドワード・バッチ博士

フィンドホーン・フラワーエッセンス

フラワーエッセンス・カウンセリング

料金

ご注意

参考文献

 

エッセンスの効果の出方は人によってさまざまです。敏感な方はエッセンスを摂ってすぐに大きな感情の変化や体調の変化を感じる場合もあります。またあまり自覚的な変化が感じられない場合もあります。

内面の変化に気づくためには、普段から自分の内面を観察する習慣をつけること、日記をつけること(特に夢日記は有効です)をお奨めします。自分の感情ではなくて、環境に変化が現われることもあります。

より確実な成長を望まれる場合、ある程度継続してカウンセりングをお受けになり、その時々の状況に最適のエッセンスを服用しながら自己の内面を見つめ続けることをおすすめします。

まれに、好転反応と言って、一時的に感情のバランスを大きく崩したり、体調の不良を感じることがあります。
これは今まで潜在化していたアンバランスなエネルギーが表出し浄化されるまでの一時的なもで心配は要りません。

※カウンセリング中に得たクライアントの個人情報については守秘義務を厳守し、一切外部に漏洩することはございません。

※当サロンのフラワーエッセンス・カウンセリングは治療及び医療類似行為ではありません。通院されている場合、主治医とご相談のうえお越しください。

※当サロンで使用しているヒーリングハーブス社製のバッチ・フラワーレメディ及び、フィンドホーン・フラワーエッセンスには保存料としてブランデーが使用されております。
服用ボトルをお作りする際もブランデーを使用しますが、アルコールの苦手な方にはリンゴ酢を保存料として使用して服用ボトルをお作りすることもできますので、お申し付け下さい。それでもアルコールが気になる方には当サロンのエッ センスはお奨めできません。

 

▲このページの先頭へ

参考文献

『バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック』
中沢あつ子著 (フレグランスジャーナル社)

『Dr.バッチのヒーリング・ハーブス―フラワーレメディー完全ガイド』
ジュリアン&マーティーン バーナード著(BABジャパン) 

『フラワーエッセンスレパートリー―心と魂を癒す、花療法の総合ガイド』
パトリシア・カミンスキ著(BABジャパン) 

 

▲このページの先頭へ

 


Alma Mater(アルマ・マーテル)
東京都江戸川区中央3-3-18-703
(最寄駅は葛飾区の新小岩)

Last Update: 2017-09-03
Copyright© Therapy Space Alma Mater All Rights Reserved.

主なエリア: 東京 墨田区錦糸町 江東区亀戸 台東区 葛飾区 江戸川区 西葛西 船堀 瑞江 一之江 都営新宿線 東西線
  千葉 市川市 船橋市 浦安市 習志野市 津田沼 松戸市 千葉市 総武線
  埼玉 三郷市 八潮市 草加市 春日部市
  神奈川 川崎市 横浜市 横須賀線