エサレン研究所は人間性回復運動(ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント)の震源地          エサレン・マッサージ 東京江戸川区/葛飾区/総武線新小岩駅

Alma Mater(アルママーテル)総武線新小岩駅・東京都江戸川区・葛飾区

 

 

エサレン研究所とは?

HOME > エサレン・マッサージ > エサレン研究所 (1) > エサレン研究所(2)

こころを開いて今ここにいるところ

エサレン研究所を一言で説明するのは大変ですが
あえて一言で言うならば

こころを開いて 今ここにいるところ です。

でもこれだけではやはり何のことやらますますわからないので
以下に簡単にエサレン研究所についてご紹介します。

ヒューマン・ポテンシャル・ムーヴメント
     (人間性回復運動)の震源地

エサレン研究所は1962年、スタンフォード大学出身の二人の若者、マイケル・マーフィーとリチャード・プライスによって米国カリフォルニア州ビッグサーに設立された心理学・アート・ボディワーク・スピリチュアルな実践等の総合宿泊研修センターです。

リチャードは心理学者を志し、マイケルは医者を目指していましたが、二人に共通したのは二人とも東洋の宗教や哲学に強い関心を抱いていたことでした。

ある日サンフランシスコの瞑想センターで偶然出会った二人は意気投合し、お互いの夢を語り合い、彼らのヴィションを実行に移す決心をしたのです。

その合言葉はイギリス人作家のオルダス・ハクスレーの言葉を借りて、「人間の潜在的可能性の追求」というものでした。

研究所内にあふれるアメジスト・セージエサレン研究所は1960年代に台頭してきた人間性心理学、のちのトランスパーソナル心理学の巨星たちや各種ボディワーク・ソマティクスの創始者たちが相次いで滞在しては様々な実験的・体験的ワークショップを繰り広げ、その活動は全米から世界へと広まっていった「人間性回復運動(ヒューマン・ポテンシャル・ムーヴメント)」の震源地となったのです。

エサレン研究所では常に、心や意識の本質を追求する姿勢を根底に、西洋と東洋、古代と現代、科学と宗教、学問と芸術等の融合の試みがなされ、 自由な自己探求や人間の潜在的能力開発の場を提供しています。

エサレン研究所でワークショップや講演を行ったことのある著名人は以下の通りです。

詳しく知りたい方はこちらの書籍を読むことをオススメします。

参考図書:
エスリンとアメリカの覚醒 「エスリンとアメリカの覚醒―人間の可能性への挑戦
ウォルター・トルーエット アンダーソン (著), Walter Truett Anderson (原著), 伊藤 博 (翻訳)
「エスリン」と「エサレン」はどちらも英語の「Esalen」を日本語表記
   にしたもので同じです。
   現在では「エサレン」という表記が一般的に使用されています。

エサレン研究所の概要を表現するフォト・エッセイをYouTubeで見つけたので貼っておきます。

Esalen - A Photo Essay by Alyce Faye Cleese

 

▲このページの先頭へ