うつ病から本当に回復するために心理カウンセリングでご自分の心と向き合ってみませんか?/メンタルケア/東京江戸川区/葛飾区/総武線新小岩駅/千葉
Alma Mater(アルママーテル)総武線新小岩駅・東京都江戸川区・葛飾区

 

 

 

 

 

 

 

心のエステ:カウンセリング&心理セラピー(サイコセラピー)

Home > 心理カウンセリング > うつ病

うつ病とは?

うつ病とは、「心の葛藤」から起こります。

「がんばらなければいけない、でも、がんばれない」

という相反する心の状態です。

そして、そんな自分を責めます。
(強い自責の念がうつ病を患う方の大きな特徴と言えます。)

その心の葛藤が長期にわたって続くと、やがて心の葛藤は
身体症状として固定化されます。

それがうつ病という「病気」の状態です。

ICD10(国連による国際診断基準)によるうつ病の症状は以下の通りです。

A 大きな症状 3つ
・抑うつ気分
・興味と喜びの消失
・活力の減退による易疲労感、活動性の減少

B その他の症状
・集中力と注意力の減退
・自己評価と自信の低下
・罪責感と無価値感
・将来に対する希望のない悲観的な見方
・自傷あるいは自殺の観念や行為
・睡眠障害
・食欲不振
・精神運動性の激越、易刺激性

C. 身体症状
・喜び・興味の消失
・早朝覚醒
・日内変動(午前中に抑うつが強い)
・精神運動制止h・焦燥感
・食欲減退(過去1ヶ月で体重減少が5%以上)

1.軽症:A2つ以上、B2つ以上
2.中等度症の診断:A2つ以上、B4つ以上
3.重症の診断:A3つすべて、B4つ以上
4.最重症の診断:重症+妄想、幻覚、混迷など

2〜4に当てはまる場合は、西洋医学では服薬と休養が大切といわれています。

▲Page Top

うつ病の脳科学的な理解〜モノアミン仮説

うつ病を脳科学的側面から考える場合、その中心になるのは「モノアミン仮説」です。

モノアミンとは、アミノ基を一個だけ含む神経伝達物質または神経修飾物質の総称で、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンなどが含まれます。

その中のセロトニンとノルアドレナリンがうつ病に関係するらしいという説がうつ病のモノアミン仮説です。

これらの神経伝達物質は脳の中で、神経細胞と神経細胞の間で情報の伝達をしていますが、うつ病では脳内のセロトニンとノルアドレナリンが不足してしまい、情報が伝達されなくなっていると考えられています。

▲Page Top

うつ病の脳科学、二つの誤解

第一の誤解

セロトニンとノルアドレナリンが不足する → うつ病になる。 ×

正しくは、うつ病の状態では、セロトニンとノルアドレナリンが不足している。 ◎

(1)心理的・身体的ストレスが起こると、
          ↓
(2)疲労感を感じたり、心理的に抑うつ状態が起こる、
          ↓
(3)ストレスがある期間持続して、さらに自責の念が強くなり、抑うつ感が悪化していくと、
          ↓
(4)ある時点で脳の中で「何らかの脳のメカニズム」が働いて、
          ↓
(5)セロトニンとノルアドレナリンが不足する事態が生じる
          ↓
(6)すると、睡眠、食欲、性欲などの生命の基本的な活動も阻害されて
          ↓
(7)重いうつ病が固定しまう。

ということです。

  上記(1)(2)の状態はだれでも日常的に経験しているものであり、この程度の「抑うつ状態」は自然に回復し、薬は必要ではないし、逆に飲んでも効きません。

第二の誤解:

セロトニンとノルアドレナリンは、うつ病に関係する神経伝達物質である。 ×

正しくは、セロトニンとノルアドレナリンは、うつ病に関係する気分や感情のコントロールだけでなく、睡眠、覚醒、食欲、性欲、活気や満足感など、人間の生命活動の根本をコントロールしている神経伝達物質です。

うつ病の時はその分泌のバランスが崩れ、特有の精神症状を生み出しています。

大脳と脳幹

脳を一本の木にたとえると、真ん中に幹(脳幹)があり、幹は枝を四方八方に伸ばし、その先には豊かな緑の葉が生い茂り、果実がなっています(大脳)。

大脳は高度な試行や繊細な感情など、もっとも人間的な機能を司っている脳の中では一番新しい部分であり、一方、脳幹は人間の生命活動の土台である食欲、睡眠と覚醒、性欲、呼吸などを制御している一番古い脳です。

セロトニンやノルアドレナリンを分泌する神経細胞のほとんどが脳幹にあり、うつ病ではこの根本的な活力が萎えてしまうのです。

▲Page Top

こんな症状のときは、カウンセリングよりも先ずは体力の回復を優先させましょう。

こんな症状のときにはカウンセリングは早すぎます。
まずは医療機関に相談するなどして、体力を回復させることを優先させましょう。

・眠れない(1日6時間未満)
いつもより2時間以上早く目覚めてしまう(早朝覚醒)

・食欲がない
1ヶ月で通常の体重よりも5%以上痩せた
(体重50kgの人の5%は2.5kg)

※ 最初から心療内科や精神科に行く必要はありません。
内科で「良く眠れないのでお薬を出して下さい」と言って、睡眠薬を出してもらうのがよいでしょう。

※ 薬を飲んだり医療機関に行くのに抵抗がある方は、Alma Materのクラニオセイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)というボディワークを受けてみることもよいでしょう。

 クラニオ・セラピーは中枢神経系を深く休ませ、過剰緊張をほどき、睡眠の質を改善させるなどの効果が期待できます。

▲Page Top

うつ病のお薬

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

第三世代の抗うつ薬と呼ばれるもので、フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)、パロキセチン(パキシル)セルトラリン(ジェイゾロフト)、エスシタロプラム(レクサプロ)などが知られています。

三環系抗うつ薬(TCA)より副作用が若干少ないとされています。急中等度から重症の大うつ病では第一選択となります。効果発現に2週間程度必要で、投与初期(1?2週間程度)は悪心、嘔吐、不安、焦燥、不眠といった症状が出現することがあるが継続投与で軽快、消失するとされています。急に服薬をやめるとSSRI離脱症候群が発現する恐れがあります。

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

ミルナシプラン(トレドミン)、デュロキセチン(サインバルタ)、ネファゾドン(サーゾーン)など。SSRIよりも意欲を高めるといった効果が期待されています。TCAのイミプラミンに近い作用となるがセロトニンとノルアドレナリン以外の受容体と相互作用をしないため副作用は少ないといわれますが、頭痛、口渇、排尿障害といった副作用は報告されています。

三環系抗うつ薬(TCA)

もっとも古い抗うつ薬で1950年代に登場しました。塩酸アミトリプチリン(トリプタノール、ラントロン)、塩酸イミプラミン (イミドール、トフラニール)、塩酸クロミプラミン (アナフラニール)、マレイン酸トリミプラミン (スルモンチール)、塩酸ノルトリプチリン(ノリトレン)、アモキサピン(アモキサン)、塩酸ドスレピン(プロチアデン)、塩酸ロフェプラミン(アンプリット)が知られています。
SSRIが登場してからは軽症、中等症のうつ病の第一選択からは外れましたが現在も使われています。
抗コリン作用をはじめとした多くの副作用がありますが、うつ病の改善率が高いことが理由にあげられます。またTCAは内服中断後、1週間は体内にとどまると考えられており、危険な副作用としてはキニジン様作用といわれる心臓障害があります。

向精神薬の使用については賛否両論、極端な意見があります。
医者の言いなりではなく、自分で考え、自分で治療法を選択していく責任と勇気が必要です。

このHPのうつ病に関する記載は精神科医の高橋和巳先生の『本当のうつ病・頑張り方を変える処方箋』を参考にさせて頂いております。
高橋先生はうつの治療に薬は必要であり、体力が回復してからは再発予防のために根本的な生き方を見つめるためのカウンセリングが必要であるとおっしゃっています。

 

また、南池袋クリニックの千村晃先生は、薬だけに頼らない精神科医療を進めていらっしゃいます。一言にうつ病と言っても原因は一人一人みんな違うので、原因を多角的に検討し、個々に合った治療法を丁寧に見つけていくことが大切だとおっしゃっています。千村先生の著書を挙げておきます。

 

また、内海聡医師は『心の病に薬はいらない』という著書の中でかなり極端に断薬を勧めています。(ちょっと過激すぎるかも・・・)

▲Page Top

薬が効かないのは本当のうつ病ではないかも?

一般的にうつ病の薬はよく効きくといわれ、薬が効かないのは、実は本当のうつ病ではないかもしれません。

新型うつ病などは、思春期問題の現れであったり、重度のうつの中には、幼い頃に虐待を受けて育った人の問題が隠れていることがあります。

被虐待サバイバーの方々は、物ごころついた頃から常に強度の緊張を強いられてきたので、身体全体が過緊張状態になっており、いわゆるPTSDのような状態になっています。

すでに長期間薬を服用されていて改善しないという方は、漫然と薬を服用し続けるよりも、別の可能性を探ってみるほうがよいのではないかと思います。

高橋先生の『消えたい』では、被虐待サバイバーのことを「異邦人」と呼び、一般の人達にはなかなか理解できない「生きにくさ」について詳しく書かれています。

▲Page Top

体力が回復してきたときがカウンセリングのチャンス

うつ病という「身体の病気の症状」は、いわば人間という存在のハードウェアの故障です。

お薬や十分な休養によってハードウェアがある程度回復したら、今度はカウンセリングによって”こころ”というソフトウェアの回復をしていきましょう。

冒頭でも書きましたが、うつ病は「心の葛藤」が慢性化した状態です。

ご自分の心と向き合い、ご自分の心のクセを知り、生き方自体を変えていかなければ、うつ病からの完全な回復とはいえません。

▲Page Top

 

 



Last Update: 2017-07-24
Copyright© Therapy Space Alma Mater All Rights Reserved.

主なエリア: 東京 墨田区錦糸町 江東区亀戸 台東区 葛飾区 江戸川区 西葛西 船堀 瑞江 一之江 都営新宿線 東西線
  千葉 市川市 船橋市 浦安市 習志野市 津田沼 松戸市 千葉市 総武線
  埼玉 三郷市 八潮市 草加市 春日部市
  神奈川 川崎市 横浜市 横須賀線